BLOG

手足の冷えは子宮の冷え!冷たい子宮で赤ちゃん嬉しい!?

今朝はグッと気温が下がって、涼しい朝です。
こう気温が下がってくると、夏の間は気にならなかった乾燥だったり、冷えを感じるようになりますよね。

 

冬の冷え対策、みなさんもうしてますか??
寒くなってからよりも、今のうちから対策しておくと良いですね。
冷えてからだとなかなか体温上がりませんからね。

 

いま妊娠中の方、これから妊娠を希望されている方は特に冷えには注意です!!

タイトルにも書きましたが、手足の冷えは子宮が冷えている証拠。
昔から「妊婦さんは冷えは禁物」と言われていますよね。おばあちゃん世代の今ほど医療機器が整っていない時代でも、冷えがよくないことは分かっていた。人間ってすごい!

冷えによって妊婦さん自身が辛いのはもちろん、赤ちゃんへの影響も。
妊娠中・産後のマイナートラブルは冷えが原因になることが少なくないようです。

【ママのカラダへの影響】
・つわりがひどくなる
・お腹が張りやすい
・腰痛や便秘
・足のむくみ、足がつりやすい
・母乳の出が悪い など
【胎児への影響】
・切迫早産
・切迫流産
・逆子 など
ママのおなか(子宮)が冷えると、あたたかいところを探して赤ちゃんは動き回り逆子になるともいわれています。

 

妊娠中は通常よりも血流が悪くなります。それにより冷えて、上記のような症状が出やすくなるというわけです。

黄土よもぎ蒸しは遠赤外線効果で身体の芯から温めます。ポカポカです。
そして、おまたから無農薬の漢方スチームを吸収させるのでおなか周辺の臓器があたたまりやすいです。

冷え対策は妊娠してからでいいやー!は間違いです。
妊娠前から赤ちゃんのお部屋(子宮)をふかふかホカホカのお布団にしといてあげたら、赤ちゃんうれしいですよね☆

◎妊娠8週目までは、全身よもぎ蒸しで細胞分裂を活発に。
◎それ以降は足蒸しで全身を温め、血行促進させむくみにも効果的です。
◎正期産に入りましたらご相談の上、全身蒸しも可能です。お出かけが心配でしたら、ご自宅まで出張も承っております。(鎌倉・藤沢周辺)お問い合わせください。

ストレスのない妊活・マタニティーライフに是非よもぎ蒸しを取り入れてみてはいかがでしょう!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。