BLOG

ハワイアンロミロミの歴史を知る

最近、よもぎ蒸しの話題ばかりだったので今日はハワイアンロミロミについて…

ハワイ発祥だけど、どうゆう起源があるのか?

をお話しますね。

***************************************************************************

【ロミロミの歴史】

・南国の島ハワイで18世紀後半に生まれ、カメハメハ大王により建設されたハワイ王国の王家の健康を守るカフナによって施されたのが始まり。

・それから何世代にもわたって伝えられてきた伝統のヒーリングであったが、19世紀後半にアメリカ領土になりハワイ王国が消滅するとハワイの文化は弾圧され、フラ・ロミロミ文化はひっそりと隠れてしまった。

・20世紀になり「南海の楽園ハワイ」観光地化

・ハワイの文化はすべてが口承の為、ロミロミに関する文献はほぼない。(ナンシー・カハレアイ著書の『ハワイアン・ロミロミ・マッサージ』が唯一のもの)

・1980年ころから始まったハワイアン・ルネサンス運動によってハワイアンとしてのアイデンティティが再認識。学校でもハワイ語が教えられるようになった。

そして今日、島全体で古代の考え方が深く尊重されるようになり、伝統的技術を持つヒーラーたちは国家財産とみなされつつある。

ロミロミ = 「マッサージする、もむ、手のひらから伝わる愛情(Loving Touch)」というハワイ語の意味。

かつては王族のために身体と心を癒すマッサージであると共に、神聖な儀式として血族の中で選ばれたものだけにその技術の知恵が継承されてきました。

 

【アンティ・マーガレット・マシャド】

アンティはそれまでの血族内の継承という壁を壊し、1973年初めてロミロミの手法を家族以外に語り始めた、ロミロミの最高権威。

何十年もかけてクム(kumu)と呼ばれる先生から古代の知恵を学び、自分の技を完成させたロミロミのカフナ(kahuna)。ロミロミの行きつくところは必ず『アンティ・マーガレット・マシャド』であるくらい神様のような存在。

【どんな効果がある?】

伝統的なハワイアンロミロミに日本人好みの指圧的要素を取り入れたロミロミです。

「痛気持ちい!」が目安。もちろん強弱のご希望をお聞きしながら施術していきます。

ロミロミはオイルマッサージの一種。肘や前腕を使ってリズミカルに全身を刺激することで、身体の筋肉と組織を縦横に伸ばし、血液の循環を促進させ、内臓本来の機能を取り戻す効果があります。また天然のオイル(ponoではスイートアーモンドオイル)を使用することで、コリも解消され、お肌も健康的な輝きを帯びてきます。

古代ハワイでは“身体と精神と感情は互いに影響を及ぼしあっているもの”と考えられてきたため、ネイティブハワイアンは身体と心はひとつであるという、ホリスティックな世界観を持っていあます。

➔これは、身体の不調の原因は肉体そのものにあるのではなく、潜在意識および神経・筋肉・臓器などの身体の様々な部分に刻み込まれている感情的・精神的な面にも関係があるという考え方。

つまり、ロミロミを受ける人は

人間のあたたかい素手でマッサージを受けて身体を癒されることにより、感情的・精神的な緊張からも解放されるのです。

******************************************************************************************

ロミロミを施術すると、わたしは疲れるところか自分まで癒されます。

「共に癒されますように」と祈りの儀式(Pray=PULE)を行っている為だと思います。

施術前にこの儀式を行い、私自身の内面を整えクリアにして自分のエネルギーを自分を通して伝える【エネルギー交換】をします。

 

ロミロミが世界において最もスピリチュアルなヒーリングといわれるのはこんなふうに身体だけじゃなく精神にも働きかける側面を持っているからなんですね。

まだ体験したことのないかた、是非ponoへお越し下さい。

ご予約お待ちしております。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。